ありがとうって言ってくれるんだ




ありがとう、

って、伝えることを
ずっとずっと、
大切にしたいって想ってた。
大好きな人から
教えられたこと。


でも、伝えても
変わらないこと、
伝わらないこと、

悲しい現実も、
自分の言葉足らずも、

ずっとずっと、
わたしの中にあった。

想いが強すぎて、
言葉が追いつかないことも
たくさんあった。


意味なんかないのかも、
伝わりきらないのかも、

わたしの中で
ぐるぐるまわってた想い。


それを消してくれたのが
大好きなスタッフさんだった。

今まで会った、
どのスタッフさんよりも
バンドが大好きだって、
お客さんを大切にしてるって、
伝わってくる人で。


わたしのどんな想いも
こぼさず聞いてくれて、
同じように返してくれた。
言葉を選んで、くれた。

その人はわたしに
いつも「ありがとう」って
言葉をくれるけど、
それはわたしの台詞。

どんなに言葉を尽くしても
あなたには伝わらないんだろうな。
わたしがあなたのことを
どれくらい大好きなのか、
どれくらい感謝してるのか、
わたしにとって
どんなに特別な人なのか、


その存在に、
どれくらい救われてるか。

そこで笑ってて、
わたしに気付いてくれて、

顔を見る度に
会釈してくれることも、
わたしの些細なことでさえ
ちゃんと覚えててくれることも、

どれくらいわたしを
嬉しくさせてるか、


大好き、って上手く、
伝えられなかった。

あんな偶然、
滅多にないよね。

ちょうどあなたのことを
考えてたんだよ。
元気かなぁ、
次はいつ会えるかなぁ、って。

そしたら目の前に
あなたが現れたから、

偶然、ってより、
奇跡みたいで

どんな時も変わらずに
一生懸命で優しくて
あったかいあなただったから、
もっと大好きになったよ。


大好きです、って言えて

ありがとう、って言えて

良かった。






遠いところへ行って、

大好きな人たちに
たくさん会ってきた。

いつもこっちで
会う大好きな人たち、

初めて会う人たち、
久しぶりに会う人たち、
偶然会えた人たち、


大好きすぎて、
幸せでたまらなくて。


すごく、素敵な
2日間、でした。


ありがとう。


また書こう。
[PR]

by sakurawans | 2010-02-07 13:09